英才教育 の見返りに / 見返りは良いものばかりとは限らない

英才教育の見返りに
f:id:goriboo5050:20170601152807j:image

魚は見ても食べても釣ってもええんやで。もう少し大きくなったら一緒に魚を捌こうね。

 

だから頼む

 

釣りに行かせて下さい。

去年も一昨年もヒラマサやキハダ釣りに一度も行けなかった。それどころか月に1、2回近場で釣竿振れるかどうかってレベルだから、職場や取引先の人達には「ゴリブさん、何か白くて気持ち悪いです」「黒光りしてないとかえって怪しい」と心配されております。お願いですマイワイフ、頼みますマイドーター、空と海の青に挟まれたいのです。

ただ1人の味方であるマイサンが援護してはくれるものの、プレゼンテーションレベルが対母親推奨レベルに達しておらず返り討ち。あぁ、ここで誰にともなしに吐き出すしかないのか・・・

 

見返りは良いものばかりとは限らない

一人グチグチ腐っていたら、友人から嬉しいお誘いがきた。船を買い替えたから伊豆大島沖にマグロを釣りに行かないかと!

f:id:goriboo5050:20150601214941j:plain

これまで幾度となく釣行を妨害してきた妻も、焦燥した顔で釣具を弄る僕を見て流石に不味いと感じたらしく、よかったねぇと笑顔で釣行許可を出してくれたのだが・・・

 

困惑の朝

空が白む少し前の午前3時。古い仲間が得物を携え船着き場に集まった。各々の装備を簡単に紹介しよう。

僕と船長→大型青物用キャスティングタックル3と腰巻きライジャケ、ファイティングベルト、大型化クーラーbox

友人A→シーバスロッドに大型ブッコミリール(PE1号150m巻)&ジグサビキ、よっちゃんイカ1ビン、小型クーラーbox

友人B→振り出し竿に小型リール(ナイロン1号約60m)&鯵サビキ+カゴ+サビキくん1kg、いかソーメン1パック、酒

友人C→ポカリ

友人D→10ftのショアジギロッドにフリームス4000(PE2号)とシイラルアー

友人E→オフショアシイラタックル1

 

おかしい。今回のターゲットは釣れるか(見つけられるか)どうかは別として、曲がりなりにも釣りの対象としてはトップレベルのパワー&ウェイトを誇るマグロ類のはずだ。それもオフショアのキャスティングゲームと洒落込んだはずなんだ。なのになぜサビキ?なぜ降り出し竿?なぜながーいショアジギロッド?そもそもポカリ一本てなんだ?

一度でも20キロ以上の大型青物を釣った、若しくはヒラマサやマグロ船に乗った経験がある方ならばわかるだろう?

 

大惨事だよ

 

サビキ組は「オレらはじっこでやるから気にしないでくれたまえ」なんて言っているが、この二人がまともに釣りをしている姿なんざ見たことがない。なんせ釣り場に到着するやいなや七輪を用意し、釣竿を置いて銛を片手に潜水するような奴らであるからして、悪い予感しかしない。

まぁ、江戸川から伊豆大島沖まで出て、そこから更に走り回るのだから燃料代は相当なもので、タンク容量いっぱいの400リットルなんざすぐに空になる。実際のところ、1人辺りの燃料代負担を減らすために面白そうな奴らにも声をかけたのだろうが・・・友人Fつまり船長も想定外だったようで、ひきった笑顔でプルプル震えている。

「言ったんだよ?せめてシイラ釣れる装備でこいってさ。」

前途多難である。

 

江戸川アトラクション

江戸川に係留しているので幾つか橋をくぐることになるのだが、満潮ということもあり船のトップと橋の隙間はギリギリ。通過の際は頭を伏せねば首がもげてしまいそう。気分はインディージョーンズだ!

 

f:id:goriboo5050:20170716065314j:plain

 

 

悪い予感ほど良くあたる

三浦半島沖を航行中、ミズナギドリ達がにわかに色めき立つ。ナブラがでている訳ではないので、おそらくイワシや鯵、サバの類いが表層をウロウロしているのだろう。少しでもマグロ探索の時間をとるため、その程度のイベントは当然スルー・・・

「船長!さびこうぜ!」

そうですよね。そうなりますよね。しかし何故お前ら海パン一丁になっているのだ。絶対に飛び込まない事を条件に少々停船し糸を垂らすと、程なくサバが一本上がった。上がってしまった。最悪だ。

僕らの間には「一発目でサバを釣ったらその日は終了」というジンクスがある。言い出しっぺは確か僕だった気がするが、これがまたよく当たるから始末悪い。今回は・・・いや、今回も見事的中するのだ。

 

伊豆大島沖を走り回るもカツオやマグロのナブラはおろか鳥すらいない。そんな中でもチャンスはあった。小規模ながらカツオナブラに遭遇!カツオの下にマグロがぐーるぐーる回っている事もあるため期待が膨らむ。久しぶりに太陽の下に引っ張り出したブラックヘラクレスLMGに手を伸ばそうとした瞬間

「まかせろ!」

「いっちゃうよ!」

ちょっと待て、何故サビキ組がミヨシで長竿振ってやがる

 

無常にもナブラめがけて投入されるジグサビキとマルキュー謹製のお手軽ファミリーフィッシングアイテム「サビキ君」満杯のカゴ。

当然ナブラは即沈下。チャンスタイムはサビキ組みの3投で終了となった。

その後はもう平和そのもの。小魚を虐める悪い奴らに出会う事はなかった。

f:id:goriboo5050:20170716144415j:plain

 

一旦港に寄って給油。

f:id:goriboo5050:20170716143711j:plain

道の駅ならぬ海の駅なんてのもある。

f:id:goriboo5050:20170716144101j:plain

最近の消波ブロックは何だか格好が良い。

f:id:goriboo5050:20170716145349j:plain

f:id:goriboo5050:20170716145450j:plain

港の回りでは何隻ものヨットが優雅に波をきる。

f:id:goriboo5050:20170716145901j:plain

 

さてどうしたもんかと思案していると、相模湾側を走り回っている別グループから連絡が入った。せめてナブラ情報を・・・とすがってみるも、僕らと同じくカツオナブラに一回遭遇しただけでクルージング状態だと言う。

まぁだいたいそんなもんだが、それでも何も釣れない、というか魚の姿すら見ないで終わるよりマシだろうと、釣り場を相模湾に移してパヤオ撃ちシイラで遊ぶ事に。

 

パヤオシイラの写真忘れた! 

 

4号パヤオに到着するとまたもや奴らの声が

シイラ一杯いるお!」

「いけんじゃね?いけんじゃね?」

またもやサビキ組みのミヨシ独占である。

 

長い竿でサビキを投げるもんだから、釣られるのが怖くてミヨシはおろか船の前側に移動する事すらできない。トモはトモでこれまた長いショアジギロッドがポップクイーンをブンブン振り回しているせいでどうにもこうにも・・・僕と船長は船のトップで見学する事に。

結局20分近くも粘っていたが、彼らがシイラを手にする事は無かった。流石は激戦区相模湾シイラだけあって、雑なアクションとトンチキな装備じゃ食わせるのは難しいようだ。

・・・・・

・・・

・・

この日、僕らはただの一度もマグロに合えないまま終了。

残念ではあるが、今回はマグロに会えなくて良かったのかもしれない。なんせ同行者の半分が意味不明なタックルであるうえに、良くて湾内ボートシーバス、悪くて手漕ぎボートでブラックバス程度の認識だ。もし目の前にマグロナブラが出たら・・・おそらく船上が大惨事になっていただろう。

ともあれ、遊漁船じゃ味わえないエキサイティングな経験ができたという事にして今回はお開き。また次回・・・は年内にあるのかね?