読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々浪々

毎日毎日食べたり飲んだり働いたり釣ったり あっちへこっちへ たいへん!

年末トンネルツーリング釣り読書音楽鑑賞納め

平成28年最後の一日のうち、僕に許された自由時間は朝6時から正午までの6時間。たった6時間のうちに幾つかの趣味をこなし、遊び納めとせねば。

僕は黄色いオルトリーブのメッセンジャーバッグウォークマンと読みかけの小説、いくつかのルアーとコンパクトロッドを突っ込んでバイクに跨った。

 

・・・とでも言えば冒険物の児童書程度の格好は付くのだろうけど、実際は妻子を放置しての現実逃避である。ともかく時間が無いので、目的地は空と山と海が楽しめる千葉県富津市の『燈籠坂大師』と近くの漁港を目的地とした。

 

さて、燈籠坂大師と言えば縦長の素掘りトンネルだ。素掘りトンネルが多く点在する千葉県南部においても、ここほど縦長の素掘りトンネルはないだろう。

 

入口も素掘りトンネル。幅は乗用車1台分程度。

f:id:goriboo5050:20161231205241j:plain

f:id:goriboo5050:20161231205424j:plain

 

お待ちかねの『燈籠坂大師の切通しトンネル』。縦長だ!

f:id:goriboo5050:20161231205606j:plain

f:id:goriboo5050:20161231210334j:plain

切れ間から空を見上げる。岩で四角く切り取られた空が寒々しい光景にならないのは、常緑樹とシダ、滑空旋回するトンビのお陰だ。

f:id:goriboo5050:20161231210355j:plain

トンネルを抜けると燈篭坂大師へ続く階段が現れる。

f:id:goriboo5050:20161231211031j:plain

f:id:goriboo5050:20161231211510j:plain

急な階段を上ると

f:id:goriboo5050:20161231211552j:plain

お堂につく。当たり前だな。

f:id:goriboo5050:20161231211612j:plain

 

お堂の脇には更に登る道が・・・ここは知る人ぞ知る『造海城』への入口だ。今回は時間が無いので途中の展望エリアまで進む事にした。

f:id:goriboo5050:20161231211636j:plain

フローリングの床で紙やビニール袋を踏んで滑るのと同じように、落ち葉と岩でスルッ、ズルッと滑る。

f:id:goriboo5050:20161231212258j:plain

f:id:goriboo5050:20161231212605j:plain

街を一望できる。できはするが、そんなにいい景色というわけでもない。聞えてくるのは小鳥の囀りとトンビのピョロロー、木々のザワザラに交じって鉄道のガタンゴトン。

f:id:goriboo5050:20161231212703j:plain

思ったよりも長居してしまったので、釣りと読書と音楽鑑賞を一気に済ますために海辺に急行。

 

f:id:goriboo5050:20161231212848j:plain

ウォークマンをシャッフル再生にして釣竿をセット。節操なくランダムに流れる様々なジャンルのBGMを左耳で、右耳は海の音を聞きながら5回投げたら竿を置き、開高健の日本三文オペラを1ページ読む。そんな事を1時間続けたらさすがに目が回った。

f:id:goriboo5050:20161231214403j:plain

東京湾の向こう側には富士山。結構深く帽子をかぶっているように見える。

来年は刺激的な年になりますように。そう願いつつ帰路に就いた。

 

あぁ、あぶない、忘れるところだった。

皆が良い年を迎えられますように!