読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々浪々

毎日毎日食べたり飲んだり働いたり釣ったり あっちへこっちへ たいへん!

グッバイ セロー

バイク遊び
先々週、房総半島の山中に単独ツーリングに行った。
その道中、悲惨な衝突事故現場に出くわしたり、山道でスタックしたジムニーに道を塞がれたり・・・

f:id:goriboo5050:20160404205201j:plain

「あぁ、明日はわが身。僕も気を付けねば。」
そんな事をボンヤリと考えながら入山。今思えば完全に他人事で、本気でそうは思っていなかったのだろう。だから僕は痛い目に会ったのだ・・・
 
江戸道
まずは古道、江戸道を走る。

f:id:goriboo5050:20160404205651j:plain

f:id:goriboo5050:20160404205621j:plain

f:id:goriboo5050:20160404211252j:plain

馬の背が続く。ずり落ちたら終わりだ。
江戸道手前の集落で立ち話をした翁によると、場所が場所だけにハイカーが訪れる事はほぼないそうだ。
 
こんなところにも不法投棄が。徒歩、自転車、バイクでしか来れそうにないところなのに・・・悲しいね。

f:id:goriboo5050:20160404211903j:plain

 
 
某山尾根ルート
満開の菜の花と、まばらに咲く桜を横目にブラックバス釣りのメッカ、亀山ダム近くの尾根ルートを目指す。

f:id:goriboo5050:20160404232123j:plain

 
尾根ルート入口は処分場に面しており、強烈な臭いが鼻を衝く。

f:id:goriboo5050:20160405001234j:plain

 
江戸道同様に馬の瀬が続く。雨の後なら酷い事になるのだろうが、この日は乾いていたので簡単。しかし油断すれば転落必至。

f:id:goriboo5050:20160405004320j:plain

 
 
尾根ルートを抜けると、通信施設に出る。

f:id:goriboo5050:20160405004416j:plain

施設手前には朽ちた車も

f:id:goriboo5050:20160405004443j:plain

falloutシリーズならば、スキルブックが落ちていたり、グールかレイダーに襲われそうなロケーションだが、今のところ核戦争もなければ、怪しい企業が生物兵器を作って野に放つこともないので安心だ。
 
一息ついて安全な林道を下って帰路に・・・
 
・・・・
 
・・・
 
・・
 

f:id:goriboo5050:20160405004834j:plain

 
獣道「ちょっと寄ってかない?イイ道あるよ!」
 
僕「ちょっ。困るんで」
 
獣道「えー?オニィさんだってyou tubeなんかでも見てるんでしょ?抉れた轍に粘土質のツルツル斜面、水没トンネルや倒木もあるよ!」
 
僕「チラッ   いえ、単独なんで」
 
獣道「最近は天気良かったし、そんなに滑らないよ!」
 
僕「ゴクリ」
 
獣道「お!オニィさん、新しめのトラタイヤはいてますね。空気圧は・・・F0.8  R0.6っと。バッチリじゃ~ん。」
 
僕「テレテレ  んまぁ、一応・・・コポォ。チョットイッチャオウカナ」
 
現在「一名様ごあんな~い」
 
 
 
 
 ヒャッハー!楽勝だぜ!

f:id:goriboo5050:20160405005403j:plain

なんて調子こいて下った直後に自走不能に。
 
おそらく、昨年の慣らし後から暇を見つけては行っていたフロントアップ&ウイリー、ステアケースの練習時に半クラ使いまくっていたのが原因で、フリクションプレートがダメになったのだろう。ギアは入れど、タイヤは回らない。常時ニュートラル状態になってしまった。

f:id:goriboo5050:20160405005527j:plain

なんとか登れないかと、掘り起こされたヨトウムシのようにもがいてみるも・・・独りでは如何ともし難い。
仕方ないので、セローは山中に置き去りにし、ギブスのようなブーツを軋ませながら、独りトボトボ下山する羽目に。

f:id:goriboo5050:20160405010337j:plain

バイクではあっという間に通り過ぎる素掘りトンネルや林道も、徒歩でゆっくり観察しながら通過すると色々と発見があり面白い。

ここの素掘りトンネルは壁が脆いようで、指でかいただけでボロボロ崩れてしまう。大丈夫なのだろうか?

 

数キロ歩き、ピックアップポイントの駅に着いた。迎えの到着まで、夜の帳が下りた無人駅で佇む。ゆったり、静かで良い時間だった。

f:id:goriboo5050:20160405011658j:plain